製品紹介

PLMシステム Teamcenter

Teamcenterについてお問い合わせ

Teamcenterは、製品開発の最初のステージから製造、販売、保守、廃棄まで製品ライフサイクルに係るすべての情報を管理する、世界でもっとも広く使われている製品ライフサイクル管理(PLM)システムです。特に製品開発における仕掛の製品データを最適に管理することで、設計効率を向上することができます。
まず、Teamcenterを導入して製品の設計データやドキュメント、部品表(BOM)などの各種データを管理・共有することからスタートし、標準化されたワークフローや変更プロセスに従うことで、全社的に効率を向上することができます。

Teamcenterの特長

なぜPLMが必要か

設計者が業務を行う上で抱える問題を、PLMを導入し、設計データを管理することで解決します。
TACは設計データを管理するためのツール、Teamcenterの導入を支援します。

PLM導入 設計データを管理することで解決!

Teamcenterとは

Teamcenterは、シーメンスPLMソフトウェアの開発による、製品ライフサイクル管理(PLM:Product Lifecycle Management)システムです。
全世界で圧倒的なシェアを誇り、多くのユーザーによって利用されています。クラス最高のPLM能力を保有しており、製品ポートフォリオのプランニングから製品開発、製造、サービス、保守、廃棄に至るまでの包括的なソリューションを体感できます。
Teamcenterを利用することで、製品情報を一元管理し、製品ライフサイクルプロセスを自動化することで業務を効率化することができます。

Teamcenter

設計データ管理

TeamcenterはマルチCADに対応しているため、主要なすべてのCADシステムのデータを変換することなく管理することができます。
製品設計にかかわる複数のCADデータをTeamcenterのシステム内で一括管理することにより、CADデータをシームレスに活用し製品開発を行うことができます。特に、Solid Edge、NXとは同一メーカー製品のため、緊密な連携を行うことができます。

設計データ管理

ドキュメント管理

技術文書等のドキュメントを設計データと一緒に管理することができます。 製品のCADデータと仕様書やサービスマニュアル、設計検証レポートなどを合わせて管理することで、製品仕様や変更内容の最新情報を把握しながらより正確で高品質なドキュメントの作成が可能となります。
また、技術文書を作成する際、一般的によく使われるMicrosoft Office製品であるWord、Excel、PowerPointにはMicrosoft OfficeインテグレーションというTeamcenterのアドインが用意されています。アドインを利用することでTeamcenterへダイレクトにアクセスすることができるようになります。

ドキュメント管理

BOM管理

アセンブリファイルをTeamcenterに保存すると自動でBOMビューが作成され、CADデータと一緒に保存されます。
BOM情報には単純な製品構成だけでなく、バリエーションの設定も一緒に保存できます。
そのため、ユーザーは製品バリエーションを個別に管理するのではなく、製品ファミリーとして管理することもできます。

BOMビューを自動作成 バリエーションの設定

プロセス管理

製品データをTeamcenterのシステム内にまとめることで、データの管理、同期を行うことができ、設計変更、検証および承認のプロセスを自動化できます。自動ワークフロー機能は承認までのプロセスをシンプルにし製品データを効率的に処理します。またプロセスは記録され、履歴を確認することもできます。プロセス管理ソリューションを利用することでプロセスをデジタル化し、最適化、標準化を推進することができます。

ワークフロー機能 ワークフロー機能

仕掛りデータの管理

CADデータは仕掛り中のものも含めてすべて、ローカルではなく、Teamcenterのシステム内で管理を行います。
仕掛りデータと設計が完了したデータは照査、認可といったリリースステータスを付与することでCADデータの状態を区別し管理を行います。リリースステータスが付与された設計完了データを選別し、Teamcenterから他システムへ必要な情報を受け渡し、既存の原図管理システムとの統合を図ります。

Teamcenter

Teamcenter Mobility

Teamcenter Mobilityアプリケーションは、いつでも、どこでもPLMへのアクセスをできるようにします。 インターネットへアクセスしないときでも、Teamcenter Mobilityは、重要な情報をセキュリティキャッシュを持つことができ、オフライン環境でも仕事を続行できます。また、オンラインに戻るとすぐにデータは同期します。

Teamcenter Mobility

無償でAppStoreからダウンロードが可能です。いつでも、どこでも、iPadでハイパフォーマンスなクライアントとしてTeamcenterへアクセスできます。Teamcenter Reporting & Analyticsのライセンスを持っていれば、レポートへのアクセスやプロジェクトに関するキーパフォーマンス指標を把握することもできます。

Teamcenter AppShare

iPadに加え、iPod、iPhoneからも利用が可能です。AppShareは、ホストユーザーのPCを、世界中の誰とでもリアルタイムに共有するための使い易いアプリケーションです。インターネット接続が可能な場所ならどこでも、コラボレーション機能を使用できます。ユーザーは自分のPCで作業しているかのように、既存のAppShareセッションに参加して、ホストユーザーの画面表示を共有することができます。

JT2Go

無償でWindows Storeからダウンロードが可能です。 Windows8搭載のMicroSoft Surfaceのようなタブレットやタッチパッド対応のデスクトップPCで直感的なインターフェースを体感しながら、3Dの製品データを簡単に表示することができます。

DITA(Darwin Information Typing Architecture)

Teamcenterのコンテンツ・ドキュメント管理ソリューションはDITA(=ドキュメントのコンポーネント化とシステム化を志向する標準仕様)をサポートしています。DITAに準拠した文書データを管理する環境がTeamcenterには備わっています。 XMetaLやCortona3DといったXML/DITAオーサリングソフトウェアとの連携が可能で、効率よくDITAデータを構成できる環境があります。

DITA

Teamcenterを活用することで

  • トピックのバージョン管理
  • 翻訳ソースランゲージとの関連付け
  • 排他制御による確実なコンカレントエンジニアリング

などのメリットを受けて資産であるトピックを効率よく運用することができます。

DITAとは

XMLをベースにした文書記述言語のアーキテクチャーです。
DITAでは、標準で「概念(Concept)」「タスク(Task)」「参照情報(Reference)」「用語集(Glossary)」という、4つの「トピック」に分類して情報を整理します。
トピックへの参照を定義した「マップ」によりトピックは統合され、一つの成果物として作成されます。
文書構造の標準化を図ることで、文書を再利用しやすくし、ドキュメント作成作業を効率化し、同時に文書の品質向上も図ることができます。

DITA

Teamcenterについてお問い合わせ

PAGE TOP

Solid Edge Monthly Subscriptions カンタンCADレンタル

導入しやすい 15,000円〜/月(税抜価格)

詳細はこちら